今までにない体験子供の笑顔家族の思い出
なぞあどとは
いまや空前のブームとなり、新しいエンターテイメントのカタチとして確立された「謎解き」「リアル体験型」イベント。参加者自身が”物語の主人公”となって、謎を解くことで進んで行くストーリー、そして目の前で起こる”魔法のような体験”、そして思いもよらなかった意外な結末。

その注目のエンターテイメントはいまも世界中で男女問わず、多くの大人たちを熱狂させています。

またイベントでは”チームで挑戦”することも多く、見知らぬ人と「ゲームのクリアを目指す」という共通の目的を持ちながら、一緒にコミュニケーションをとって楽しめるという側面もあり、「チームビルディング」「新たな出会い」のキッカケを作りだすことができることも魅力の一つに。

そのポイントや魅力をそのままに、「家族」で楽しめるものに特化した謎解きイベントを作りたいという想いから、「いままでにない体験 子供の笑顔 家族の思い出」をテーマにナゾトキアドベンチャーを始めました。

主人公はこども

“探偵”になって、宝物を見つけたり、”忍者”になって敵とたたかったり、”未来人”になって、希望の未来を取り戻すためのカギを手に入れたり。こどもが、いつもの日常生活とは違う”物語の主人公”になってナゾトキやミッションに挑戦します。

いつもと違う自分にワクワクし、自分の力で謎を解き物語を進めて行くことで、こどもの「主体性」を育み、たくさんの「できた!」「みつけた!」という機会を作ることで「達成する喜び」を感じることができるでしょう。

まほう
ゲーム中に手に入れるアイテムを使うと突然絵柄が現れたり、一枚の紙が立体的なアイテムに変化したり、別の角度で見るとまったく違う文字が浮かび上がったり。ナゾの答えにたどりつき、試行錯誤することで目の前で自分自身が魔法のような体験を起こす。
そんな驚きの体験が、謎解きイベントの大きな魅力の一つとなっています。

ただ、その体験の多くはこどもには難しすぎたりしてしまうことも。

ナゾトキアドベンチャーでは、その魔法の体験を生み出すための流れを「色・カタチ・ひらがな・カタカナ」など、こどもが理解しやすくしながら、年代にあわせた知育・学びに必要な要素を盛り込むことを大切にしています。

かぞく

なによりも大切にしているのは、参加されるご家族にとって思い出になるもの。

イベントに参加している最中に家族の中でたくさんのコミュニケーションが起こるような制作を心がけていますが、実際の現場ではこどもが夢中になりすぎて走りまわりご家族の方がついてまわるのがやっとということも多々あります。

しかしながら、ポイントでご家族一緒に何かを作ることで物語が進み、それが最後のカギになったり、世界にたった一つだけの記念品になったり。
日常生活ではなかなか生み出しにくい会話のキッカケや子供の成長を感じることができる機会、そして参加された家族の方だけの会話と記念に残る思い出やアイテム。

いつもの家族生活の中でトピックとなるような出来事、体験作りを心がけています。

そのほか
出会いを求める方々に対して「より運命的」に感じられる、大人のグループで観光しながら楽しめる、修学旅行生が楽しみながら深く地域の歴史を学べるなど、ご家族の方々が喜ばれるものだけではなく、参加される方々と実施する場所のニーズがマッチするイベントを多数制作しております。